記事一覧

ルイヴィトン×一生ものバッグ3選

丈夫でアフターサービスも完璧…、全てが「一生もの」として愛せる

世界中の誰もが知る、最もポピュラーなハイブランド『ルイヴィトン』。元は1854年、トランク職人だったルイ・ヴィトンが創業。
撥水性キャンバスで製作したトランクの成功が、機能的でエレガントな鞄メーカーとして発展を遂げるきっかけとなり、長年に渡ってファッション界を牽引し、業界のトップに君臨し続けています。

ルイヴィトン アルマ PM

多くのラインが存在するルイヴィトンの中でも“名品”や“一生もの”と称されている「アルマ」。端正で品行方正、それでいてエレガント……、まっすぐ自分らしい生き方を貫く女性に似合うアイコンバッグです。
ヴィトン ウォーターカラー コピー
素材はモノグラム、ダミエ、エピと様々なものが用意されていますが、1番人気はこのモノグラム。耐水性で表面にキズが付きにくく非常に丈夫、いつものトラッドをぐっと女らしい表情へと導いてくれる。

ルイヴィトン プチ・ノエ

「プチ・ノエ」の前身である「ノエ」が誕生したのは1932年。5本のシャンパンボトルを持ち運ぶため、丈夫で“シャンパンの泡のように軽い”バッグをという顧客の要望に応え、3代目ガストン・ルイ・ヴィトンによって考案されました。

巾着の口を革ひもで結ぶカジュアルなデザインは、フェミニンで着る服を選ばないのが嬉しい。丈夫な底板や、Dリングに取り付けた二重のショルダーストラップなど、重い物を入れても安定感のあるつくり。光沢の美しいエピ・レザー(写真左)は、厚手で耐久性に優れたグレインレザーに型押しを施したもの。内側は布地のライニングにジップポケット付き。

ルイヴィトン スピーディ・バンドリエール

日常から週末旅行までこなせる“使い勝手のよさ”と飽きのこないデザインで人気のロングセラー「スピーディ・バンドリエール」。2018年からはショルダーストラップが付き、さらに使い勝手が増しました。

サイズは25(小ぶり)、30(写真のもの)、40(ビッグサイズ)の3種類。1番人気は程よい30です。

関連記事:http://planetary.top/

コメント一覧